チュー太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 「児玉清 切り絵展」 児玉氏が愛したホテルで紡ぐ心、、」

<<   作成日時 : 2012/11/27 03:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3日前の投稿でも取り上げた「児玉清 切り絵展」に開催日初日の26日(火)
大阪へ帰る新幹線乗車直前に新橋から「ゆりかもめ」に一駅乗車し寄ってみました。
児玉清氏の俳優・タレント以外の読書家、としてとても造詣深い事は、亡くなられる前書かれた、有川浩氏の小説「阪急電車」のあとがきで初めて知った。そして今度切り絵の才をお持ちだった事を知り、是非拝見したいと思っていました。

画像


2012・11・26 撮影
パークホテル東京にて



画像


初めて乗るゆりかもめ


画像


右がパークホテル東京


画像


エレベーターそばにさりげなく案内


画像




画像


25Fアトリュウム


画像

ゆったりとしたフロアー 壁面に作品、在りし日の児玉氏が投射される
作品は、フロアに見事に配置されていました


画像


画像





思い切ってそばのスタッフの方に、写真は撮ってもいいのか確認。
責任者へ直ぐに確認され、快く了解を頂く!

画像


画像


画像


画像



画像



画像



画像


画像


画像


画像


画像


画像


そして、たぶん児玉清氏が一番のお気に入りだったのでは?
と、思われる、東京タワーが望めるラウンジ





そして、この作品が展示されていました

画像


画像




画像


画像


画像


大阪へ26日に帰る事が決まってから知った「切り絵展」
入院中眠れぬ夜にradikoを聞くようになり、それは退院後も
ほぼ毎日続いた。5日くらい前だったか、明け方に切り絵展の案内があった
確か、TBSだったか、、直ぐに検索し、確認した。
帰る日が、開催日初日というのも不思議な縁のような気がします。
大阪へ素敵な心の土産を持ち帰る事が出来ました。


「児玉清 切り絵展」 児玉氏が愛したホテルで紡ぐ心、、

期間 : 2012年11月26日(月) 〜 2012年12月3日(月)
会場 : パークホテル東京 25階 アトリウム
時間 : 11:30〜22:00
入場料 : 無料

期間中はホテル内『ARTショップ』にて2013年の「切り絵カレンダー」
また、切り絵の作り方の本「たったひとつの贈り物」を販売いたします。
注)作品の販売はございません。




児玉清氏との接点は、有川浩作品にあります。
小説「阪急電車」  「三匹のおっさん」シリーズ etc


「三匹のおっさん」

(抜粋より)
同じ下りを、児玉清さんは、このように話しておられます。(ラジオビタミン収録記事より」

詐欺だと判って奥様がしょげているところへ、ふわっと亭主がやって来て、
何も言えない奥さんを後ろからぐっと抱きしめてだよ、
「一緒の墓ァ入ろうな、登美子」って。
 泣かせる台詞でしょう、、


小説「阪急電車」の解説を児玉清さんが書いておられ
初めて知った俳優以外の一面。
これからもっともっと児玉清さんの事も知りたいなぁ〜
と感じていた矢先の突然の事務所閉鎖そしてご逝去。

今年のお彼岸には偶然また別の意味で児玉清さんに
再び触れ合えたなぁ〜
実感です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「児玉清 切り絵展」 児玉氏が愛したホテルで紡ぐ心、、」 チュー太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる