チュー太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 葵祭 2011

<<   作成日時 : 2011/05/17 03:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

メール白書しろう葵祭 2011
http://shiirro.at.webry.info/201105/article_8.htmlより続きます。
京阪電車、出町柳に着いた頃には、既に京都御所を出発したので
コースとなる下鴨神社一番鳥居あたりで待機することにした。
もう、沿道は、人で埋まっていて、しかも安全上、行列は
みな、立ったまま見なければならない。
撮ろうと思えば、人垣が邪魔になる。
なんとか、沿道の一番前に場所確保必要となる事が分かった。

画像


5月15日(日) 賀茂(鴨)川堤にて撮影 (午後からの2回目の巡行)







京阪電車出町柳で下車後、下鴨神社へ向かうところから
順にアップします。

画像


京都御所 出発(午前10時30分)堺町御門 → 丸太町通
→ 河原町通 → 下鴨神社到着(11:40)予定の出町橋の様子です






画像


すでに主な場所は人で埋まっています。
なかなか適当な場所が見つかりません(汗、、)






画像


白壁の家をバックに、一の鳥居も入る場所を見つけここで待ち受け
行列が到着するまであと、20分あまりになり、段々通行が規制、ラインからの
はみ出しが、頻繁にかなり厳しくチェックされる。




画像


毎年葵祭は、独り占めってとこですね(規制されている側の反対側の方です)


画像


ここでは、この白壁がポイントになりそうです。
最初、この白壁側が殆ど人がいないので待機していたら、
あっさり、移動する様注意されました(汗、、)







11時半過ぎ、いよいよ行列到着です!パトカー先導です。

画像






画像


群集で興奮し、馬が暴れる恐れもある為、立ったままの姿勢が度々指示されます。




画像


パトカーの後は、女子警官2騎が堂々と行列を先導します!
なかなか、カッコいいですね!




画像


男子警官の影が薄くなりますね(笑)
そして、行列が前を通過、、、




画像


いよいよ、平安朝の優雅で古趣に富んだ古典行列が、やってきます。




画像


乗尻(のりじり)
行列を先導する騎馬隊で、左右三騎。
上賀茂の競べ馬の騎手。


画像







画像


牛車(ぎっしゃ)
御所車といわれ、勅使の乗る車藤の花などを軒に飾り、牛に引かせます。
牛童(うしわら)、車方、大工職などの車役が替え牛と共に従います。




画像


検非違使志(けびいしのさかん)
検非違使庁の役人。警察司法の担当者。





画像


和琴(わごん)
御物の和琴で「河霧」の銘を持ちます。神前の奏者用として
舞人の前、2人で運ばれます。





画像


風流傘
大傘の上に牡丹やら杜若などの季節の花を飾りつけたもの。
行列の装いとして、取物舎人4人でかざしてゆきます。




画像


白壁が良く似合いますね。



画像


斎王代(さいおうだい)
斎王は、平安時代には内親王が選ばれて祭りに奉仕したものですが
現在は未婚の市民女性から選ばれるので、斎王代と称せられます。



画像




画像


午前の巡行は、このまま下賀茂神社へと進みます。
この糺の森のなかは、両側は有料観覧席でぎっしりです。
この巡行の後ろをついて歩きます。








午後からは、このまま、巡行コースを辿り、
鴨川沿いを撮影ポイント求め歩くうち
大田神社近くまで来たので、巡行までの間
杜若を見に行きました。




そして、鴨川堤の巡行です!

画像


午前中の巡行と同じ順でパトカー、婦人警官騎乗隊が遠くに見え始め
沿道に気緊張感が走ります!




画像




画像



画像


左折を手信号で、、


画像



画像


婦人警官の騎馬隊は役目を終え、、





そして、平安時代の騎馬隊「乗尻(のりじり)」に託されます

画像





画像




画像







可愛らしい牛童(うしわら)が先導します、牛車(ぎっしゃ)

画像



画像



画像





画像


和琴(わごん)





画像


風流傘(ふうりゅうかさ)も行列です



画像


鴨川堤の新緑に良く映えますね!



画像


斎王代(さいおうだい)
御禊(みそぎ)を済ませた斎王代は、五衣装唐衣(いつつぎぬものからぎぬ)、
俗に言う十二単の大服装で、供奉者にかつがれた腰輿(およよ)という
輿に乗って参向します。



画像


命婦(みょうぶ)
女官の通称で小桂(こうちき)を着用する高級女官
花傘をさしかけています。






続きます!




葵祭

http://www.kyokanko.or.jp/3dai/aoi.html

葵祭は京都三大祭のひとつで、わが国の祭のうち最も優雅で古趣に富んだ祭として知られています。平安朝の優雅な古典行列は平安貴族そのままの姿で列をつくり、京都御所を出発、総勢500名以上の風雅な行列が下鴨神社を経て、上賀茂神社へ向かいます。
賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社の例祭で、5月15日に行われる。古くは賀茂祭、または北の祭りとも称し、平安中期の貴族の間では、単に「祭り」と言えば葵祭のことをさすほど有名であった。




葵祭
行列コースと時間

http://www.kyokanko.or.jp/3dai/aoi_map.html

京都御所 出発(午前10時30分)堺町御門 → 丸太町通
→ 河原町通 → 下鴨神社到着(11:40)
社頭の義・出発(14:20)→下鴨本通 →
洛北高校前(14:40) → 北大路通 → 北大路橋(14:55)
→ 賀茂川堤 → 上賀茂神社到着(15:30)
http://www.kyokanko.or.jp/3dai/aoi_map.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
葵祭 2011
待っていました!葵祭、今年は5月15日が日曜日にあたり、 随分前から、この日を待っていました。 なかなか仕事休んでまで、平日に出掛ける事に 抵抗があり、行けないまま毎年、今年も行けなかったなぁ〜 と、新緑が眩しい季節になると、思っていました。 天気予報では、絶好の葵祭日和、、 京橋からの京阪電車、出町柳行き特急は、その為か、もう座れない。 結局出町柳まで、立ったままでした。 ...続きを見る
メール白書(しろう)
2011/05/17 05:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
葵祭 2011 チュー太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる