チュー太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 散紅葉の名所 安楽寺

<<   作成日時 : 2009/12/07 05:13   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

レンタサイクルで回る、京都の紅葉じまい巡りで、2ヶ所目に訪ねた所は
安楽寺です。ここの散紅葉もとても期待していました。
果たして、、

画像


期待通りでした!
多くの人が写真を撮りに来ていますが、皆さん、良く心得ておられ
必ず無人の時間を暗黙のうちに作り出すようお互いに譲り合っておられました。
助かりますね〜こうした配慮、、




画像


日曜日の昼下がり、、、
一番訪れる事の多い時間帯で、この静寂、、
運よくマナーの良い人達にめぐり合えば、こんなショットも可能です!



画像


本当は、こんな感じの時が殆どでしたけどね、、









安楽寺の前は、法然院でした。

画像


いつもながら、この侘び寂び
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8F%E3%81%B3%E3%83%BB%E3%81%95%E3%81%B3
の雰囲気は、味わい深い、、





画像


反対側も、また、雰囲気変わり、良い!




画像


ここも、カメラマンがシャッターチャンスを狙い待機中、、
その、狙っている先は、、



画像


雲の陰から顔を出す、日の光で変化する様をしっかりチェックしながら
一斉に、カメラを向けます、



画像








京都紅葉名所 (Suiko books (123))
光村推古書院
水野 克比古

ユーザレビュー:
いながらにして錦秋の ...
すばらしい写真集みご ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
落ち葉に彩られた山門の石段へ 木々の梢から
漏れる陽が 髄分と弱くなってきたのでしょうか。
京都も曇日が多く 晩秋の静寂さを愉しめる
ようになりましたか。
ログの大好きな徳さん
2009/12/07 15:55
徳さん、コメント・ブログ玉有難うございます。安楽寺・法然院へは、11月15日にも訪ねています。その時は、まだまだ色付き初めでイマイチでした。安楽寺の場合は、やはりこの散紅葉の時期が一番良いようです。中に入れば又良いのでしょうけど、いつも外でお仕舞いです(笑)
しろう
2009/12/08 04:23
こんばんは。まさに京都の秋。人っ子一人いないように撮れるんですね。最高のマナ−じゃないですか。ひとりじめのようですね。いい雰囲気です。
行き当たりばったり
2009/12/08 23:12
花日記さん、お早うございます!コメント有難うございます。沢山の人が行き交う所以外の多少穴場的なところを訪れる人は、良いタイミングの時期を心得ておられ、目的もはっきりしているだけに(旬の時期で、人のいないショットを撮りたい!という)他の人の気持ちも良く分っておられます。とはいえ、訪れる人全員が写真目的ではないという事も十分に分っておられます。それだけになかなか難しいところですが、少し我慢すれば無人のタイミングは訪れます。それを静かに待つのも良いものです。
しろう
2009/12/09 03:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
散紅葉の名所 安楽寺 チュー太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる