チュー太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 般若寺と水仙 「白鳥が生みたるもののここちして 、、」 与謝野晶子

<<   作成日時 : 2009/01/25 08:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

メール白書しろう「1月の般若寺といえば、水仙」http://shiirro.at.webry.info/200901/article_9.html
から、続きます。

画像


  クリックすると大きくなります! (1月22日撮影)
受付を済ますと、直ぐに出迎えてくれます。




以下、到着してから撮影順にアップしますね!

画像


国宝楼門(鎌倉時代。美しく軽快な屋根のそりが魅力的!



画像


    受付そばのお地蔵さん



画像


落葉も入れてみました


画像


入り口付近でストップ状態(笑)、なかなか前に進めません。。



画像


重文 十三重石宝塔と観音石仏
残念ながら、肝心の水仙は殆ど花は開いていませんでした(終わりなのか、これからなのかは
分かりませんでした)



画像


本堂前の唯一群生した一角を写しました。



画像





画像


  石仏と水仙



画像




画像




画像


蝋燭が灯もり、ケースに写りこんだ回りの木々と、十三重石宝塔



般若寺についての記述は
「白鳥が生みたるもののここちして 朝夕めづる水仙の花」 
「滝尾英二的こころ」掲示板で触れてあります。
http://8503.teacup.com/takio/bbs/919





「白鳥が生みたるもののここちして 朝夕めづる水仙の花」 
与謝野晶子歌集(与謝野晶子自選、岩波文庫31-038-1)抜粋(2004/9/24)
http://homepage3.nifty.com/ttstudio/Akiko.htm
草の夢(大正十一年九月、二三六首より)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
1月の般若寺といえば、水仙
奈良方面に出かける時、機会さえあれば行きたい!と思っていた「般若寺」 年が明け、久しぶりの冬らしい積雪のニュースで飛び込んだ新年から 寒暖を繰り返すうちに、一月も早や、後半、新春ムードはすっかり吹っ飛び 連日厳しい現実と二人三脚の毎日です。 そんな時期の、雨混じりの日に訪ねる事が出来ました。 ...続きを見る
メール白書(しろう)
2009/01/25 08:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜!

石仏と水仙、
いい感じですね。
水仙、今年はプランターのは
なかったのでしょうか?
与謝野晶子の歌、
目の前に白い水仙の花の映像が、
浮かんでくるような
素敵な歌ですね。


kazu
2009/01/26 01:33
kazuさん、お早うございます。コメント有難うございます。以前からとても気になっていた般若寺、期待感が強かったせいか、オフシーズンからなのか(水仙は旬だと思うのですが、、)境内の未整備ぶりは、がっかりでした。でも、石仏、石塔、本殿等などとの絡み合いはなかなかのものでした。欲をいえば、もう少し、見学者の事も配慮して欲しいなぁ〜と、思いました。例年の事は知らないので、プランターに咲く水仙は見ませんでした。もしかしてこれからなのか、平日だったので、出されなかったのか、、そこらの事は不明です。拝観料の500円はチョッとなぁ〜が感想です(笑)
しろう
2009/01/26 05:51
石仏に水仙 良いですね。
般若寺といえば秋のコスモスですね。
以前見に行ったときは感動したのですが、次に行ったときはコスモスもプランターに植えられて並べていました。
幻滅して帰ったのを思い出します。
シーちゃん
2009/01/30 00:08
シーちゃん、お早うございます、コメント有難うございます。般若寺のコスモスの事は良く聞きますね。今年の秋は考えてみたいものです。しかしプランターに植えたまま並べてあるのは少し考えさせられますね。お寺の方針ならば疑問符がつきます。今回行った時感じたのは、オフシーズンだからかもしれませんが、雑然とした境内でした。重要文化財が沢山ある様なので、もう少し何とかならないものかなぁ〜と言うのが印象です。同じ楽しむのなら、たとえメジャーでなくたっていい、管理する人達の花への思いやりが感じらればそれが一番だと思います。また、その事が分かるだけに一層感動させられますね。
しろう
2009/01/30 05:05
般若心経を紅い布に書いて備えてありますね。
観音石仏さんが腰が冷えないように・・・
の気配りなんでしょうか。 
いくらなんでも顔には巻けませんからねぇ。
観音の石仏は、一体ごとにデザインが違う
ようですね。
一体づつお経を唱えながら巡ると
心も体も清められることでしょう。
ログの大好きな徳さん
2009/02/11 17:07
徳さん、お早うございます、コメント有難うございます。般若寺は、決して大きな寺院ではありませんが、歴史的には色々と謂れがあるようです。私の場合は、写真目的なので、味わい方がとても片寄っているかも知れませんね。欲をいえば、もう少し境内をそれなりにキチンとして欲しいなぁ〜って思いました。結構な拝観料でした。ただ、そのマイナス面はさておき、石仏と水仙の絡みは良い雰囲気でした。
しろう
2009/02/12 04:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
般若寺と水仙 「白鳥が生みたるもののここちして 、、」 与謝野晶子 チュー太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる