チュー太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 岸和田だんじり祭 2008 宮入りからカンカン場のやりまわし その2

<<   作成日時 : 2008/09/17 23:58   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

午前中の宮入を堪能した後は、私もお昼ご飯を商店街で取りました。
やはり、何処の満員、30分余り待ち、何とかありつけました。
屋台でもと思ったのですが、とにかくゆっくりと冷房の効いた所で食べたかったので
待ち時間覚悟でレストランに入りました。時には青空の下で豪快に食べるのも良いかもしれませんね。
昼からは岸和田商店街から右方向、左方向へと飛び出すだんじりを見た後、
カンカン場を目差します。ところが、警察のマイクで「カンカン場への道路は閉鎖されています」
好天気に人出が一気に膨らんだようです。

画像


クリックすると大きくなります!

お昼と食べていると、もうだんじりの太鼓の音が商店街の方から響き渡ります。
もう、落ち着いて食事って言う訳にはいきません(笑)慌てて、飛び出し、
商店街のアーケードの中でだんじりを待ちます。





画像


商店街を一気に飛び出し南海岸和田駅前へ向かってやりまわし、、刻々と近付いています。
カンカン場と共に岸和田だんじり人気スポット




画像


さぁ〜スタート!



画像


一斉に皆の目は飛び出しただんじり、特に屋根の上の大工方を注目!






画像


岸和田駅前通商店街のアーケードから次々とだんじりがやりまわし!
午前の部で宮入のしんがりをつとめた藤井町が登場!
駅前からなかなか去ることが出来ません。




画像


人垣で、だんじりが駆け出しコーナーを全速力で走りきるやり回しを一分始終見る事は
叶いません。北町の時は場所移動しだんじりの綱の先端の位置で待機、駈け向ける所を
見る事にしました。アーケードの出口付近のだんじりの先は駅前をはるか回りこんでいるのが分かります。




画像


全員全力疾走!だんじりは上手くやりまわし出来たかな?




画像


大工方が屋根の上で小躍りしながら更にスピードアップ、回りから一斉に声と拍手が上がります!




画像


上手くいった!ホッと安堵の表情。。





画像


一瞬のうちに目の前を駈け抜け、、、





画像


走り去ります!うしろ姿も良いですね!




画像


このあとは、春木岸和田線から北町交差点を左にとってカンカン場に向かうのでしょうね。
このまま北町のだんじりの後を追っかけ。。カンカン場を目差します。









岸和田駅前通商店街のアーケードから大阪方面(左方向)ばかりを見てきましたが
和歌山方向(右方向)へやりまわしするのを歩道に精一杯体を突き出してみました。
なかなかの迫力でした。

画像


沼町のやりまわしの瞬間!




画像


見事決まりました!






画像


続いて本町、力こもります!やりまわし直前ですね!





画像





画像


スパッと見事決まりました!見ていて胸がスカッとして、爽快感湧き上がります!





画像


本町と重なるように今度は大北町のだんじり、今度は大阪方面(左方向)
駅前が騒然とします。




この後は、いよいよカンカン場です!








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
岸和田だんじり祭 2008 
昨年から、土日開催になり、とても行き易くなりましたね。 14日の日曜日は、昨年までは岸城神社への宮入を見てきましたが 今年は、南海電車岸和田駅に近い岸和田天神宮の宮入を見ました。 豪快なやりまわしで市内を駆け巡るだんじりの魅力とは また趣きが変わり神殿の前に鎮座しただんじりを皆が囲み 屋根には男女の子供達が恐れもしないで平気ではしゃぎ回る、、 まさに、だんじりの町ならではの光景ですね。 高度恐怖症の私は、見る事は好きなのに、屋根には とても登る事は出来ません(笑) ...続きを見る
メール白書(しろう)
2008/09/18 00:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんなにも多くの人がかかわっている
のにだんじりはスムーズに角を廻って
いくんですね。
人の流れに圧倒されます。
ログの大好きな徳さん
2008/09/19 10:04
徳さん、コメント有難うございます。だんじりはまさに体力勝負、終わったと思ったら、もう来年に向けて備えているようです。日頃の地道な努力が一年に数日の祭りを燃焼させるのですね。人を感動させるものは見えないところでの精進の積み重ねなんですね。危険との背中合わせだけに尚更ですね。
しろう
2008/09/19 23:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
岸和田だんじり祭 2008 宮入りからカンカン場のやりまわし その2 チュー太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる