チュー太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 岸和田だんじり祭 2008 宮入りからカンカン場のやりまわし その1

<<   作成日時 : 2008/09/15 23:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

岸和田のだんじりの魅力、迫力を十二分に満喫出来るポイント。
その頂点の晴れ舞台を目差し、集い、全速力で駆け抜ける妙技を
360度の衆目の中で披露。それが「カンカン場」
たとえカンカン場に向かう途中で人波に遮られ、ロープ前で待機させられても、我慢して待つ。
やっと、ロープ制限が解除されても、更に大勢が人垣をなすカンカン場目差す。
たとえ遠くから少しだけでも迫力が感じられたら良い!

14日(日)は、まずは、岸和田天神宮の宮入からスタート。
宮入を終えただんじりを時間と共に追っかけてみる事にしました。
そしてクライマックスのカンカン場までの道程をあるだんじりを中心に
追って見ました。(あと振り返って見ると偶然にそのだんじりの通る所に
出くわす事が多かった、これも縁ですね。。)

画像


クリックすると大きくなります!

宮入を待つだんじりにも熱気がムンムン!
正面からはとても入れません。
この日の宮入の順番は沼町 〜 筋海町 〜別所町
〜並松町 〜下野町 〜藤井町 の順、今待機中のだんじりは別所町







画像


正面突破を諦め、一度バックして大回りして境内に入る事にしました。













画像


当たり前でしょうけど、だんじりの屋根と神社はとてもしっくりしますね。
子供達に占領されながらの宮入風景、和やかな雰囲気がとても良いですね。





画像


本当に大人、子供達、家族、御近所と地域一体化した雰囲気は、
私達にとても微笑ましく何時までもこの雰囲気に浸っていたって感じです。






画像


そろそろ並松町から下野町へ入れ替えですね!






画像


境内の中から南海電車岸和田駅方面に向け撮って見ました。
(丁度、関西空港特急、ラピータが通過中ですね!)
この時は既に、下野町が待機中、並松町は境内で御祓い中です。






画像


お祓いを終え、境内を出ます。そして宮入は後のだんじりへと引き継がれます。





画像


だんじりが動き始めると、動きと共に人も集まり、再び緊張感が湧きますね。





画像


危険と背中合わせの連続だけに、大人から子供までその一糸乱れぬ動きが命ですね!







画像


並松町のあとは、下野町のだんじりが境内に入場。




画像


下野町が鳥居を潜った後に、直後に控えていたしんがりの藤井町のだんじりが勢い込みます!
慌てて世話役が制止するほどの勢い!その勢いに飲み込まれそうですね。





画像


下野町の宮入風景です。それぞれに個性がありますね。それが、また面白いところです。





画像


なかなかキリッとしまった目立つ法被ですね!





画像


下野町も宮入を終え、境内を出ます。




画像


南海電車のガードをくぐり、午前の部は終わりです。





画像


いよいよ宮入殿(しんがり)の藤井町、気持ちがはやりますね!





画像


記念撮影もしっかり撮ってもらい、、




画像


藤井町は、岸和田天神宮の参道を真っ直ぐ向かったところです。宮入の行事も終わり、
参道を一気に駆け抜けて午前の部は終わりです。やはり休憩直前で元気でますね!




画像


出迎えてくれるだんじり小屋への足取りは実に軽いですね!
しっかり休んで午後からも頑張ってください!





画像


あと一息!つい、笑いもこぼれます!





画像


朝早くから、岸和田中を走りきっただんじりを迎えに近所の人も次々と集結、賑やかですね!




画像


だんじりの回りはまだまだ興奮状態、、、





画像


えっ!また、駆け出すの???




画像


どうやら、綱をキチンと巻きもどしてから休憩のようです。




岸和田天神宮の宮入が終わると丁度お昼の時間になり、だんじりもひとまず休憩となります。
(午前のスケジュールはここまでです)




引き続きこの後も続きます!


関連記事
メール白書しろう

「岸和田だんじり祭 2008」 http://shiirro.at.webry.info/200809/article_1.html


岸和田だんじり
http://www.city.kishiwada.osaka.jp/danjiri/Index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
岸和田だんじり祭 2008 
昨年から、土日開催になり、とても行き易くなりましたね。 14日の日曜日は、昨年までは岸城神社への宮入を見てきましたが 今年は、南海電車岸和田駅に近い岸和田天神宮の宮入を見ました。 豪快なやりまわしで市内を駆け巡るだんじりの魅力とは また趣きが変わり神殿の前に鎮座しただんじりを皆が囲み 屋根には男女の子供達が恐れもしないで平気ではしゃぎ回る、、 まさに、だんじりの町ならではの光景ですね。 高度恐怖症の私は、見る事は好きなのに、屋根には とても登る事は出来ません(笑) ...続きを見る
メール白書(しろう)
2008/09/15 23:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
黒いハッピに白抜きの文字に白鉢巻
また赤い文字に赤鉢巻と大きな流れ
が動くさまはいいですねぇ。
観ているだけで楽しくなってきます♪
ログの大好きな徳さん
2008/09/19 09:58
徳さん、今晩は!コメント有難うございます。ざんじりを一層魅力的にしているのは、粋な法被だと思います。全員キリリとしたパッチ姿に法被そして一斉にだんじりを全速力で走りきる!時には寛いだ表情もまたいいものです。この雰囲気に浸るのは今では毎年の恒例になりました。
しろう
2008/09/19 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
岸和田だんじり祭 2008 宮入りからカンカン場のやりまわし その1 チュー太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる