チュー太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 東大寺万灯供養会

<<   作成日時 : 2008/08/25 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

「メール白書しろう」から続きます。東大寺万灯供養会へ向かう人は半端ではありません。
年に2回だけ開かれるという大仏殿正面の観相窓から大仏様のお顔を拝見しようと沢山の人が
並びます。

画像


クリックすると大きくなります。 

            (8月15日 20時37分撮影)
燈火会の頃の賑やかな行灯が並んでいる頃とはまた違った美しさが醸し出されていました。





8月15日 、19時開門の東大寺万灯供養会も時間に沿ってアップしてみます。


画像


マイペースの鹿がまず座ったままのお出迎え、、
   (19時12分)





画像


カメラを向けても、大勢の人通りでも落ち着き払い、動ずる事はありません。
それだけ大切に保護されているから鹿たちも安心しきっているのでしょうね。
この歴史は大切にしなければ。。。
      (19時13分)





画像


南大門を潜る前に左の方へ誘導されます。中門から大仏殿に入る人達はここから並びます。
   (19時15分)





画像


30分くらい並び続けてやっとの思いで中門に達したら前に進むよりは、まずは写真。
ブレブレながら挑戦!  (19時48分)





画像


         (19時49分)





画像


大仏殿正面の観相窓から大仏様に感激!
      (19時52分)





画像


更に近付きます!  (19時54分)




画像





画像


低い位置からも、、、(19時56分)




画像


何だか除夜の鐘を聞きながら大晦日から元旦に向かう感じに似た気分?

              (20時00分)




画像


           (20時00分)





画像


一気に大仏殿に入るのは、なんだか勿体無いようで、何度も階段を上がったり下りたり、、

    (20時02分)





画像



観相窓からの大仏様を色々な位置から捉えようと皆さん、必死です!






画像


             お香の煙を一杯体やら頭に、、健康祈願! (20時04分)





画像


         やっと正面から向き合う事が出来ました!
           (20時05分)






大仏殿の中へは、多分30〜40年ぶり、、かな?

画像






画像






画像


    (20時10分)






画像


大仏様の横顔ってとても現代的ですね!
古さを全く感じません。   (20時12分)





画像


これで大仏殿の中を一回り!今年の後半も頑張れそう!

         (20時15分)




画像


大仏様を拝観しようと、次々と人の波が絶えません。





画像





画像


出口に向かう回廊にもびっしりと提灯が並びます。




画像


回廊から外に出る前に振り返り一枚!
 (20時25分)




画像


鏡池に映り込む姿は何時見ても、素敵です!

   (20時24分)


         お盆の一区切りがついた感じの一日でした。




東大寺万灯供養会
http://www.kasugano.com/kankou/toudaiji/index.html






東大寺万灯供養会
http://www.kasugano.com/kankou/toudaiji/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お盆15日は、東大寺万灯供養会
東大寺万灯供養会毎年8月15日に行われています。今年は是非行ってみたかった。 この日は普段入れない正面の中門から入る事が出来るとか。 夜7時からの開門までの時間は、浮見堂で過ごしました。 お陰で、綺麗な夕焼けにも出会えました。浮見堂から多くの参拝者が列をなす、南大門に向う参道には、 鹿達がどっしりと座り込んでいました。そして、何食わぬ顔で参拝者を眺めていたのは面白かった。 順番を待つ列も、十列がいつの間にか二十列にも達しました。やっとの思いで、中門から中に入ると、まずは 目の前... ...続きを見る
メール白書(しろう)
2008/08/25 23:58
山焼き後の奈良散策
「メール白書しろう」 若草山山焼き翌日の奈良東大寺 http://shiirro.at.webry.info/200901/article_10.htmlから続きます。 大阪から電車に乗り込む頃は、窓の外は、降りしきる雪、雪、雪 これは、屋根に雪を頂いた五重塔、東大寺、二月堂、猿沢の池からの眺め、、、 色々と空想しつつ近鉄奈良に着きました。 その後も、雪は舞う事が度々ありましたが、結局積る事はなかった。 でも、スッキリ、凛とした空気が漂う奈良公園を中心とした散策は素敵でした。 ... ...続きを見る
チュー太郎
2009/02/01 08:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
ライトアップされた東大寺凄いスケールですね
私は昼間しか見たことないのですが
観相窓から見える大仏さまは神々しいお顔ですね、
観相窓はこの時に開くのですね、此処から大仏さまのお顔を見られたら無病息災ですね
東大寺万灯供養もご先祖様供養のためお盆に開かれるのですね
おとと
2008/08/27 20:12
おととさん、コメント有難うございます。東大寺のライトアップはとても絵になりますね。鏡池に映り込む様は感動的です。14日まではなら燈火会で更に提灯が賑やかに灯されそれはそれで良いのですが、私は15日のライトアップの方が好きです。奈良の歴史の厚みを一層感じる事の出来る夜でした。鹿の人間と一体化した雰囲気は奈良ではの事ですね。これも、何気ないようですがここまでの凄い歴史を感じます。
しろう
2008/08/27 22:55
写真でみてもこの迫力ですからねぇ。
実物は凄いんでしょうねぇ。
鏡池に写る大仏殿・・・灯篭の灯りが
古の昔にタイムとリップしたみたいで
すね♪
ログの大好きな徳さん
2008/08/28 17:21
徳さん、今晩は!コメント有難うございます。奈良のライトアップはケバケバした所がなく、とても趣きがあります。沢山の人が奈良の町を足元が暗くても平気で右往左往、静けさと賑やかさが同居した不思議な雰囲気です。
しろう
2008/08/28 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
東大寺万灯供養会 チュー太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる