チュー太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 入梅前の、安楽寺〜法然院

<<   作成日時 : 2008/06/04 00:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

皐月巡りが目的で京阪電車に乗り込み、いつもの様に終点、出町柳下車。
駅前でレンタサイクルに乗り換え、今出川通を東に銀閣寺方面へ走らせる。
多少の勾配だけど、気にならない。やがて哲学の道に到着、南に下る。
最初の目的地、安楽寺に到着。
この山門は紅葉の頃皆さんの写真でお馴染みだった。
初めてなのに、懐かしさを覚える、その安心感はなんなのか。。

画像

クリックすると大きくなります!

茅葺きの山門からチラッと覗く皐月、つい、階段の登り足が急ぎ足になりかけました。(笑)
人がいなくなる時まで待とうとしても、次々と拝観者が続き待つ事30分、やっと人が
途絶える瞬間です。この写真を写す頃には既に石段の1歩目を次の拝観者のグループが
上がり始めたころでした。






画像


急ぎ足で階段を上がり、撮った一枚です!
こんな日に、人のいない写真って難しいですね。





画像


期待感が強すぎた分、ピークを過ぎ、痛んだ花弁が目に付きすぎ、多少がっかり、、
この時期になると、一日一日が分かれ目になるようですね。

でも、同じ頃行かれた松風さんの記事ではこれだけ素晴らしい写真となります。
目の付け所がやはり、違いますね!是非、ご覧になってください!

安楽寺のサツキ
http://kyocolumn.blog46.fc2.com/blog-entry-772.html#more




よりりんさんの記事も素敵です!
「安楽寺の皐月」
http://yoririn.blog5.fc2.com/blog-entry-2717.html






画像


この「縁」という石に何となく惹かれました。





画像



皆さんが狙う所に同じ様に構えてみました。






画像


石畳と、生垣、素朴な山門、ホッとする眺めです。
このナチュラルな感じが好きです!





安楽寺の後は、直ぐ隣の法然院

画像






画像







画像







画像







画像







画像









画像








画像






新緑の美しさ再発見!
何度も何度も振り返り続けました!

夕日を受ける頃の法然院はどうなんでしょうね?
茅葺き屋根が茜色に染まる?
そんなタイミングに訪ねてみたいものです。

勿論今年の紅葉時は、ここは外せませんね。



法然院の新緑の美しさが良く分かる素敵な記事があります。
松風さんの「新緑の法然院」
http://kyocolumn.blog46.fc2.com/blog-entry-771.html#more
是非、ご覧下さい!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
入梅直前の法然院
皐月目当ての京都巡りでしたが、最初に訪れた、安楽寺から詩仙堂に レンタサイクルで向う途中、あるカップルの話が気になった。 「法然院も良いよ、寄って見るかな?」 私は、全く思ってもいなかった。隣なので、寄って見る事にした。 ...続きを見る
メール白書(しろう)
2008/06/04 00:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
”縁”・・・仏縁でしょうか?
全てに仏性があると聞きました。
目に見えないけど 頭で考えず
心で観てくださいと言っている
ようですね。
ログの大好きな徳さん
2008/06/05 16:06
徳さん、コメント有難うございます。花を求め歩くうち、全てを包み込んでくれそうな庭を眺めると、自然と体はリラックス、心も落ち着き時間を気にしなくなる。時には、思う存分庭と対峙し静かに過ごすのも良いですね。縁という言葉の深さを刻まれた庭石から更に感じ入る事が出来ました。
しろう
2008/06/05 22:34
こんばんは♪
ここの山門は、すごく風情がありますよね♪^^去年の秋に行ったときは、時間がなかったので山門と山門を額縁にした庭のかかりだけを撮影しました。山門に至る参道の紅葉の美しさが、とくに印象に残っております☆
mikomai
2008/06/09 22:31
mikomaiさん、今晩は!コメント有難うございます。私も、この山門はとても気に入りました。キッと、行く度に新しい感動を感じる事が出来るのでは?って思います。紅葉の頃は勿論ですが、朝日の当たる頃、夕暮れ時、雨の日、、色々なタイミングで味わってみたいものですね。
しろう
2008/06/09 23:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
入梅前の、安楽寺〜法然院 チュー太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる