チュー太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 観修寺のスイレンと杜若、、そして鷺

<<   作成日時 : 2008/05/20 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

メール白書「しろう」http://shiirro.at.webry.info/200805/article_7.htmlから続きます。
観修寺はいつも気になりながら、タイミングを逸する事が多く、今回は、是非、グッドタイミングで
訪ねたい!その思いが強かった。期待通りの咲く具合でした。


まずは氷室の池をぐるりと散策。。。

画像

クリックすると大きくなります!

青と黄色の杜若が、赤と白のスイレン、緑の葉が湖面に映りこみ、言葉では例えようも無く、
ただただ美しさに見惚れます。





画像


錦鯉も、度々スイレンとニアミス。。




画像


白の杜若と錦鯉、、優雅な時間が過ぎていく、、




画像


黄色の杜若も映えますね、鴨が静かに遊泳中!





画像


鷺は、じっと餌を狙っています、分かりますか?




画像


高い木々ではかなりの鷺が群れています、羽根の手入れの後は餌を狙って突然飛来!




画像


おっとっと、、鷺がメインで来た訳ではありませんでしたね。。。(笑)






画像






画像


絶品の新緑も楽しめました!





画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
勧修寺のスイレン〜大田神社の杜若(かきつばた)
毎年今の時期になると悩む事がある。 文目(アヤメ)、杜若(かきつばた)、花菖蒲、、見分けがつくか? 正直、今もってつきません(笑) 名札を見てから、つい、納得でおしまい! この繰り返しでは、いつまで経っても多分その花の前に立っても説明する事は 出来ませんね。ここに、詳しく見分け方を記したブログがあります。 ...続きを見る
メール白書(しろう)
2008/05/20 23:51
勧修寺の杜若、睡蓮…
 (京都市山科区) ...続きを見る
花ごよみ
2008/05/21 16:56
京都府立植物園のバラ園
観修寺のスイレンと杜若〜大田神社の杜若、、その後はと上賀茂神社を訪ねた後は 下賀茂神社を目差しました(この日も京阪電車出町柳近くでレンタサイクルを借りました) そして、前々から行きたかった、京都府立植物園にも初めて寄る事が出来ました。 そして今が花盛りのバラをしっかり堪能出来ました。 ...続きを見る
メール白書(しろう)
2008/05/22 01:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜!

TBありがとうございました。

ほんと、きれいでしたね。
眼前にひらける美しい光景に
感嘆の声をあげてしまいますよね。
鯉も鳥類もきれいに
撮られていますね〜!


kazu
2008/05/21 17:03
kazu さん、今晩は!TB、コメント有難うございます。本当にピッタリのタイミングに行けて良かったですね。次は是非、蓮の見頃に出掛けたいものですね。早めの到着で、ポ〜ンと花弁が開く音聞きたいと思っています。(笑)
しろう
2008/05/21 21:25
純白の睡蓮の写真は透明感もあっていいですね
池の鯉は絵になります
私もついつい撮ってしまいました
ここの鷺は毎日同じ場所にいるようですね。
ひこぼし
2008/05/21 21:56
ひこぼしさん、今晩は!TB、コメント有難うございます。皆さんが行かれるところは、やはりそれだけの魅力がたっぷりですね。こうしてひこぼしさんの写真も拝見しながら改めて観修寺の素晴らしさを共有出来る喜びを感じます。ひこぼしさんの書いておられる「千有余年の歴史のあるところ、、」の重みをひしひしと感じます。
しろう
2008/05/21 23:55
おぉ〜、結構な…というかゴージャスなコースですね。
これだけ回って写真もしっかり撮っておられる
所が凄い!鷺の写真はシャッターチャンスを
ものにしすぎです!!
kodama
2008/05/22 02:19
kodamaさん、お早うございます、TB、コメント有難うございます。花の旬は短いので多少焦りもありました。(笑)観修寺(東西線小野駅)からは地下鉄〜京阪電車と乗り継ぎ出町柳でレンタサイクルを借り鴨川を上り下り、気持ち良かったです。鷺の時は、花の事はすっかり忘れて待つ事30分以上、なかなかタイミング良く羽根を広げてくれませんね。
しろう
2008/05/22 05:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
観修寺のスイレンと杜若、、そして鷺 チュー太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる