チュー太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 鞍馬・貴船・雪景色

<<   作成日時 : 2008/02/05 06:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 8

「メール白書しろう」http://shiirro.at.webry.info/200802/article_2.htmlから続きます。
2月3日の朝は、予報が雨なのに、大阪でも雪が舞いました。
そして、明るさが増した頃、再び鞍馬・由岐神社境内に設置のライブカメラ
http://oak.zero.ad.jp/~zad23743/livecam/kyoto.htmを確認。
果たしてそこには積もった屋根に更に雪が舞っていました!
直ぐに着替えてリュックにカメラを突っ込み、念の為合羽も入れた。
山越えで必要になるかもしれないと、、
底冷えするほどでなく、この雪はやがて雨になるかも?
積もった雪も、雨で溶けてしまうのは時間の問題、少しでも早い方が良い。

画像


貴船神社奥の院、モノトーンの世界、故郷島根での懐かしい雪の感触を
思い出しました。日が当たらない頃の静けさがまた、格別、、






画像


この雪の空間に感激したのか声を上げ思いっきり体を反らしからだ一杯に
受け止めようとしている人が、、、






画像


暫く体を反らしたまま動かない、、、





画像


とうとう仰向けに雪の上に体を委ね、目をつむり暫く微動だにしないまま。。





画像


彼女は、やがて起き上がり元気に小躍りしながら、、
声を上げからだを反らしていたあたりから、、私も声を上げ体反らしたくなりました(笑)







コースは京阪電車で京橋から出町柳へ向う途中に考えた末
京阪電車終点出町柳から叡山電車に乗り換え貴船口を目指す。

貴船口からは貴船川沿いを貴船神社へ歩いて登るそして
貴船神社奥の院〜西門まで戻り山越え〜鞍馬寺・奥の院〜金堂〜
由岐神社〜鞍馬寺仁王門、再び叡山電車鞍馬駅から今度は鞍馬川沿いに
出町柳〜京阪四条下車〜八坂神社(舞妓さんの豆まき・最終は15時〜)

欲張りすぎかな?と思いつつ何とか出来そう、兎に角これに準じて
回る事にした。

車窓は雪が舞い、八坂神社神社では2日〜3日と四花街の舞妓さんによる
舞踊奉納、、少し出来すぎ?なかなか絵に描いた様にはいかないだろうなぁ〜




画像


八坂神社の舞妓さんの豆まきにはギリギリセーフでした。
この事は続編でアップしますね。






鞍馬・貴船・雪景色が続きます!

画像


貴船口近くのこのあたりで雪は止み霧が立ち込めていました。
叡山電車のボディが雪景色とシックに合いますね。





画像


貴船口に9時45分到着です。今乗った叡山電車を写します。
この後終点鞍馬です。





画像


貴船口の近くにある「梶取社」でまず祈願

「梶取社」http://61.64.88.245/kibune/kajitori.html






画像


雪から雨に変わりました。道路はややシャーベット状、でも、この方が歩き易かった。
凍てついていたらなかなか前に進めませんからね。
鳶が飛び回っています。




画像


最初に出会う岩、蛍岩,夏に見た時とは一変します。
蛍岩
http://kibune.or.jp/meisho/hotaruiwa.html



この後も続きます!
[鞍馬・貴船・雪景色 その2]
http://shiirro22213s.at.webry.info/200802/article_2.html








昨年7月に行った時の記事です
涼と緑を求めて、、貴船神社〜鞍馬寺http://shiirro.at.webry.info/200707/article_12.html





京都のライブカメラhttp://oak.zero.ad.jp/~zad23743/livecam/kyoto.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
冬の貴船から鞍馬寺雪道コース
先週の雪の京都への憧れから初めて金閣寺の雪に感激、 味をしめ、更に雪景色求め候補を挙げる。 皆さんもあげておられる銀閣寺、大原、、、そして奈良方面 問題は雪ですね。週末の天気予報は残念ながらいずれも雨でした。 あとはkodamaさんのアドバイスでライブカメラでチェックしてみました。 由岐神社に設置のものでみると屋根にしっかり雪”!由岐神社に「ゆき!」 洒落てる場合ではありません、多分雪から雨に変われば溶けてしまいそう! 出掛ける事にしました。 ...続きを見る
メール白書(しろう)
2008/02/06 05:12
通勤路の日の出
2月1日に、通勤路での日の出直前の空をアップしましたが、 同じ日、朝の掃除の時(私は会社の外回りを毎日掃いている) 建物の間から眩しく日が上がるのを見た。 ...続きを見る
メール白書(しろう)
2008/02/06 23:58
雪の貴船から山越え鞍馬寺
貴船神社から、更に雪が深く積もっている奥の院を目指します。 私が向かっている時、同じように奥の院に向っている 家族連れ、(夫婦と子供が5人)同じように奥の院に向うのかな? って思っていたら、途中から別れ、川の方向に向っています。 川原は更に深い雪でした。我慢しきれず子供達は一斉に川原の雪にダイブ! やがて皆で雪だるまやら、雪合戦と雪遊びに夢中です。 大都市からそんなに時間をかけなくてもここでは、手頃に雪の醍醐味が満喫出来ますね。 ...続きを見る
チュー太郎
2008/02/07 06:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
この雪景色を体一杯に受け止めた女性の感動が伝わって・・・こちらまで楽しくなりました。
人気がないと・・・この雪景色を独占している気になりますよね。
ログの大好きな徳さん
2008/02/05 10:17
雪の中、よく歩かれましたね!
山は滑って転んで痛いことになりそうなので、
チャレンジできなかったです。
私は京阪沿線なんで、この辺はさほど
遠くもないですが、しろうさんのお家からは
かなり遠かったでしょう。
それにしても、雪の上に寝転んだ人、何とも素直な表現方法です。

紅葉の清水で寝転んだ人を見た事がありますが、
あれはモデルさんだった…。
kodama
2008/02/05 13:16
徳さん、今晩は!コメント有り難うございます。雪って何もかもを真っ白に覆いつくしモノトーンの世界に一変させますね。そして柔らかさが全ての音と、悩みと苦しみまでも吸収してくれるように思えます。彼女のピタッと微動だにしない姿を見てそう感じました。本当に人気が無いと全て自分の世界って錯覚してしまいますね。
しろう
2008/02/05 22:51
kodamaさん、今晩は!コメント有り難うございます。正直、山越えは迷いました。貴船ではすでに雨でかなり路面は溶け始めていましたが、山となると簡単は解けません。それと、熊でもでたら、、(笑)決め手になったのは、時間でした。貴船神社あたりから貴船口までは20〜30分、そのあと鞍馬まで電車で行って、鞍馬寺〜由岐神社と回ると更に30分〜40分、電車の待ち時間を入れたら合計1時間半以上はかかりそうです。八坂神社の豆まきには間に合いません。山越えだったら鞍馬まで1時間くらい。だったらやはり山越えしようと決めました。山越えの事は記事の中で書きますね。
電車ですが、私の場合はJR学研都市線で京橋まで15分あまり、京橋から京阪電車で出町柳まで40分くらいですか、そして叡山電車で貴船口まで20分余りとしたら、乗り換え時間を入れても1時間半くらいですね。京都方面は今では京阪電車・阪急電車・JRは6・3・1くらいいの利用率だと思います。
しろう
2008/02/05 23:07
イヤー!良いね!私も思わず声を出しました!神社境内、線路など、何処をとっても情緒があって!声を出した白いコートの女性の気持ちが伝わって来る様で・・・景色に感動!です。
あおい空
2008/02/09 19:22
あおい空さん、お早うございます。コメント有り難うございます。返事が遅くなり申し訳ありません。鞍馬〜貴船コースは、本当は夏が良いのですが、冬場のいいもんだなぁ〜って今回回って思いました。適度な雪なら回れます。今度は新雪が積もる頃にも挑戦してみたいものです。それと、鞍馬で温泉にも入り、一日ゆっくりするものいいかな?って思っています。この日は何しろ欲張りコースでしたから、案外駆け足巡りでした。
しろう
2008/02/11 06:11
私も、寒がってばかりいないで・・・初雪の写真に線路を入れて写そうと真冬の今から心待ち・・・しています。可笑しいですね!
あおい空
2008/02/28 20:41
あおい空さん、今晩は!コメント有り難うございます。もう、3月も目の前になりましたね。長かった冬もあと少し、でも、今年は雪景色が沢山見る事が出来、その美しさにも気付き、好きな季節になりました。毎日雪との戦いではなかなかそういう心境にはなりにくいと思いますが、真っ白な新雪に晴れ渡った日射しが長い木々の影を映し出す様を思えば、一瞬の癒しを感じるのではないかと思います。線路の雪は是非撮って見てくださいね。
しろう
2008/02/28 23:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
鞍馬・貴船・雪景色 チュー太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる