チュー太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 南紀勝浦 初日の出 2008年

<<   作成日時 : 2008/01/04 08:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

JTB旅物語の「南紀勝浦温泉 忘帰洞 2日間」
http://www.jtb.co.jp/med/index2.aspで大晦日〜元旦を過ごした。
この旅程には特に触れていないが、このツアーを選ぶ前の条件は
一番は初日の出、二番も初日の出、三番は比較的近いでした。
候補としては、伊勢方面、四国方面、そして南紀方面でそれぞれに
組まれているツアーを比較した上で「南紀勝浦温泉 忘帰洞 2日間」に決めました。
天気予報は微妙というより、初日の出に関してはほぼ絶望的な予報でした。
昨年も雨予報が行って見たら外れるっていう事を何度も経験したので
後は、運任せ、それよりは初めての大晦日から元旦にかけての温泉体験を
しっかり楽しもう!と気持ち切り替えました。

画像


元旦の日の出時間は7時5分でした。





元旦の朝の日の出前後を時間毎に追ってみます。
初めの方は部屋からの写真で、実際の日の出の位置よりは
北西方向からの位置になります。(ホテル浦島・日昇館より)

画像


     段々水平線のあたりの色が茜色に染まり始めます (6時25分)





画像


   みるみる赤みが増します! (6時27分)






画像


少しひいて撮ってみました(6時33分)
部屋からはここまでが限界、チェックアウトの準備してフロントで清算し
日の出展望台へ向かいました。(山上館そば展望台)






この後は山上館そば展望台からです

画像


頭上には三日月も日の出を今か今かと待っていました(笑)





画像


  すでに沢山の宿泊客が初日の出を見ようと集まっていました。(6時48分)







画像


初日の出がどのあたりから上がるのか、日の出と何を組み合わせるか、、
島と、手前の木々を使う事にしました。(6時54分)






画像


雲の縁が赤く染まり始め、日の出が近い事を知らせます。(7時2分)





画像


  もう一息です。  そばの人が「後1分!」の声、、(7時4分)





画像


日の出時間7時5分、なにやら雲の中から光芒が見え始めました。
水平線上の雲の為、実際の日の出より遅れそう




画像


    かなりの難産のようですね(7時8分)





画像


やっと雲から覗き始めました!(7時9分)





画像


海面も照らし始めました(7時10分)





画像


漁船が海面を漁場へと向かいます(7時10分過ぎ)





画像


                      7時10分過ぎ





画像


                      7時11分





画像


                       7時12分





画像


波静かな海面を照らす茜色も次第に弱まると同時に雲間から顔をすっかりだした
日は更に光度を増し始めました。 (7時13分)







大晦日の朝、梅田のホテル阪急インターナショナル前のプラザモータープールに
8時前に集合、8時きっかりに出発し、もう一つの集合場所、難波のなんばパークス
JRAウイングス難波正面出入口前に向かいました。
普段と違い、御堂筋はガラガラ状態で、気持ち良くバスは走りました。
8時10分頃には難波を出発、一路南紀勝浦に向かいました。

画像


家を出たのは、7時で生駒の空は、暗雲がかなりのスピードで
移動していました。典型的な冬型を思わす雲の動きでした。






折からの強い冬型の気圧配置の影響で、湾岸線を走るバスから眺める
大阪湾は時化ていました。波が白く立っているのが分かりました。
それに、阪神高速湾岸線から阪和道に入ってから山沿いでは所々雪がうっすらと
積もっていました。遠く山肌にも雪、、これはもしかして、、
適度な雪なら、その情緒も楽しめるかな?と呑気に構えていましたが
ガイドさんの案内で、そんな思いは消し飛びました。
「スケジュールは積雪状態、車の込み具合で大幅な変更もあります。
かなり強い冬型なので雪による影響で車が立ち往生し動けなくなる
恐れもあります、、」

画像


阪神高速湾岸線を走行中(堺あたりです)
この雲で、この日の最悪の状態を想像しました。






画像


ところが僅かの時間の間に暗雲が払われ青空が!(高石市辺りです)






画像


心配された雪、そして天気は予報を次々と覆すかのように
熊野本宮大社で一時的にぱらついた雪の後は上がり
好天のうち宿泊先の南紀勝浦温泉に着きました。






画像


この日最初の訪問地 熊野本宮大社





やっと登場、ねずみの絵馬をアップで


本年もチュー太郎を宜しくお願い致します!

画像



熊野本宮大社
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E9%87%8E%E6%9C%AC%E5%AE%AE%E5%A4%A7%E7%A4%BE
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は和歌山県田辺市本宮町にある神社。熊野三山の一つ。家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)を主祭神とする。別名を熊野坐大神(くまぬにますおおかみ)、熊野加武呂乃命(くまぬかむろのみこと)という。
1871年に熊野坐神社として国幣中社に列格し、1915年に官幣大社に昇格した。


熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)  和歌山県田辺市本宮町本宮
http://www.mikumano.net/meguri/hongu.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
南紀勝浦 穏やかな初日の出は素敵でした!
明けましておめでとうございます! 昨年は色々とお世話になりました。 本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。 ...続きを見る
メール白書(しろう)
2008/01/04 08:37
南紀勝浦温泉 忘帰洞 2日間 その2
大晦日から元旦の南紀勝浦温泉「忘帰洞 2日間」について 「メール白書しろう」http://shiirro.at.webry.info/200801/article_1.htmlから続きます。 ...続きを見る
チュー太郎
2008/01/06 12:35
南紀勝浦温泉 忘帰洞他2日間コース
早いものですね、2008年を南紀勝浦 ホテル浦島で初日の出と共に迎えてから (その時の記事です。http://shiirro22213s.at.webry.info/200801/article_1.html) 6日目の朝です。昨日は初出で、挨拶と親睦会行事でした。 実際の仕事始めは7日からになります。 なかなかまとめられなかった2日間を振り返ってみたいと思います。 ...続きを見る
メール白書(しろう)
2008/01/06 12:42
南紀勝浦温泉 忘帰洞 2日間 その4 (最終編)
大晦日から元旦の南紀勝浦温泉「忘帰洞 2日間」について 「メール白書しろう」http://shiirro.at.webry.info/200801/article_4.htmlから続きます。 ...続きを見る
チュー太郎
2008/01/06 19:31
いつもの通勤路、
荘厳な朝日と共に元旦を南紀勝浦で迎え早やひと月経ちました。 ...続きを見る
メール白書(しろう)
2008/02/01 23:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
遅く成りました
 孫達が来ていました やっと自分の時間が。
 素晴らしい日の出拝見 今年もよろしく
 一度ホテルデ新年迎えたいですね
kei11780
2008/01/07 17:17
keiさん、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。正月はやはり、お客さんで忙しい毎日でしたね、お疲れ様でした!朝日、夕焼けの美しい季節到来で、また楽しさ増しますね。一杯撮りましょう!
しろう
2008/01/07 22:49
日頃の行いが良かったのでしょうね?新年の素晴らしいスタートが出来たようですね!!私も御裾分けをいただけてうれしいです。今年も宜しくお願いします。
あおい空
2008/01/11 20:28
あおい空さん、お目でとうございます!
初日の出は気持ちがとても清々しくなりますね。それを皆と一緒に見るのもまた格別ですね。この感動を忘れずに一年を送りたいものです。本年も宜しくお願いします。
しろう
2008/01/11 23:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
南紀勝浦 初日の出 2008年 チュー太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる