チュー太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 緑美しい「帝釈峡」

<<   作成日時 : 2007/06/16 05:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

紅葉の名所は、新緑も美しいと良く言われています。
私も、紅葉でよく行く所に、ゴールデンウイーク頃から
入梅前後くらいの新緑が綺麗な頃にも尋ねる事があります。
今回の帝釈峡も、まさに二度、、、いや三度、四度と美味しそうですね。
久々の島根の旅はあまり島根の事に触れませんでしたね(笑)

画像


緑一杯の今、やはりこの景色は紅葉時にもう一度、そして雪の頃にも
見たいですね!(6月10日 午前8時頃撮影)









「千鳥別尺の山桜」の事はメール白書「しろう」
鳥別尺の山桜と帝釈峡(一本の木追っかけ始まり!) その1
http://shiirro.at.webry.info/200706/article_6.html

千鳥別尺の山桜と帝釈峡(一本の木追っかけ始まり!) その2 http://shiirro.at.webry.info/200706/article_7.html

で2回にわたり触れましたので、チュー太郎ではこの帝釈峡の事を中心にアップしますね。

画像


朝湯に2度つかり、5時過ぎスタートです。少し雨が降っていました。
                      (養浩荘前 午前5時過ぎ)







画像


靄(もや)に霞む神龍湖(午前6時前)








画像


                             (紅葉橋午前6時前)








画像


   剣橋、思いはつい紅葉の時を重ねます、素敵でしょうね!






散策していてトンネルの多さにはビックリ!と同時にトンネル巡りもいいかも?
なんて思っちゃいました。暗いトンネルの中からパッと飛び込む景色!
これもなかなかの見ものですね。


これは入り口側です。

画像







同じトンネルの出口側です。

画像








画像


トンネルと赤い橋、新緑(、、紅葉)絶妙な取り合わせ、(午前6時頃です)






画像


トンネルの向こうに赤いつり橋が見え始めると心躍りますね!








画像


雨に濡れた新緑に赤いつり橋のコントラストが目に染み入ります。(午前6時過ぎです)
雨は小降りですがまだ時々降っていました。




朝食を済ませ、旅館ともお別れ、
とても満足できた素敵な旅館でした。(詳しくはメール白書「しろう」で触れています。
千鳥別尺の山桜と帝釈峡(一本の木追っかけ始まり!) その2
http://shiirro.at.webry.info/200706/article_7.html
この日は広島まで行き、息子は広島から新幹線で
東京に帰ります。皆で帝釈峡を回る事にしました。


画像


時間はもう8時過ぎでしたから、私が散策した時に比べ日射しが強くなってきました。







画像

日が上ると色合いがよりハッキリとしてきますね。





画像


空の映りこみも素敵です!これに紅葉が映り込むと更に圧巻!







画像


同じ場所を何度も行ったり来たり、、もう、すっかり感動のしっぱなしで
その場を離れたくなくなります。





画像


緑美しい帝釈峡に分れを告げ、広島へと向いました。
紅葉時には是非訪れたいものです。その時を楽しみにしています。



帝釈峡
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E9%87%88%E5%B3%A1
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

帝釈峡(たいしゃくきょう)は広島県の北東部、庄原市東城町(旧東城町)及び神石高原町(旧神石町)にまたがる、全長18kmの大峡谷。国の名勝(1923年)指定を受けており、比婆道後帝釈国定公園の主要景勝地。三段峡と共に県を代表する景勝地として知られ、国内有数の峡谷でもある(地元では日本五大峡と謳っている。だが、他の4つは不確定)。



帝釈峡
http://tojo.bingocom.net/taishaku.html


http://www.jinsekigun.jp/site/page/sightseeing/action/view/taisyaku/


http://homepage1.nifty.com/jinseki/





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
千鳥別尺の山桜と帝釈峡(一本の木追っかけ始まり!) その2
帝釈峡は島根で育った私にとってとても身近な観光地で 多分、4〜5回は訪れているはずですが、近年(三十年近く、、) 訪れた事はなかった。 大阪に越してきて20年目の今年の正月過ぎ、 このところ7年余り墓参りに帰っていないなぁ〜 その思いから何か落ち着かぬものを感じていた。 家内の方から「今年お盆までに帰ってみない?」 の言葉を聞いた時、すぐに賛成した。 そして「息子達も一緒に連れて行こう!」 話はまとまった。ただ、次男だけは都合がつかなかった。 同じなら、日頃なかなか行け... ...続きを見る
メール白書(しろう)
2007/06/16 05:14
中国山地真っ只中、県境の町、我が故郷
いつか故郷の事に触れてみたい、、 その思いは、ブログを始めてから何時も付きまとっていた事でした。 (還暦を来年にひかえ、一つの心の区切りとして、、) 故郷を語るには遠く離れていてはなかなかイメージが湧いてこないけど 今回僅かの時間でしたが帰省した事で数々の思い出が 帰省前後に次々と私の頭の中を去来、湧き出でてきました。 この4時間余りの滞在でもしっかり故郷の匂いを一杯に体に 沁み込ませる事が出来ました。 ...続きを見る
メール白書(しろう)
2007/06/17 10:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緑美しい「帝釈峡」 チュー太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる