チュー太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 季節の花が楽しめる宇治、恵心院

<<   作成日時 : 2006/06/13 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

5月の連休の時、雨の中傘を差したまま、カメラ片手に
とても生き生きとした花達を見て、とても大切にされているな〜
って強く感じて以来、このお寺の一ファンになりました。
決して、目立ったたたずまいでもないし、訪れる人も
ごくまばらなれど、本当に花をじっくり愛でたい人が
いつしか三々五々と目指すところですね。
連休中に紫陽花園があるのに気がついたので
三室戸寺に行く時は必ず立ち寄ろうと思っていた。
京阪電車、宇治線、宇治終点で降り、駅から歩いて
恵心院に向う。
宇治川と平行して並ぶしゃれたお店を覗きながら
ゆっくり歩くうち、朝日焼に着く。

画像


地味な参道を見ればここが恵心院と分からなければ
そのまま通り過ぎていくかもしれない




また、逆に、一度ここの魅力を知れば
この、渋さがまた魅力なのかもしれない。
清楚なホタルブクロが迎えてくれる

画像




お馴染みの門、ここでは紫陽花が迎えてくれます。
まさに花のお寺に相応しいお出迎え

画像




すでに沢山の素敵な花達が開花、名札のあるものは控えましたけど
分からないものも沢山ありました。
名前の分からないままアップしますね。
御存知の方、宜しくお願いいたします。

画像





画像


                ブラシの木




画像


               カサフヨウ



画像


             時計草とホタルブクロ



画像





画像

                 名札を何度も探しましたが見つかりませんでした
                 なんという花でしょうね?






紫陽花をいくつか、、

画像

            額紫陽花(スミダノハナビ)





画像

            (クレナイ)



画像

          この日は特にこの(クロヒメ)が見頃でした。

全体から言うと、まだ3分咲きくらいでしょうか?
この週末から来週にかけてが丁度紫陽花には見頃でしょうね。







恵心院

恵心院は822年の創建当時は「龍泉寺」とよばれていましたが、1005年に比叡山横川(よかわ)の恵心僧都源信(えしんそうずげんしん)によって再興され、「朝日山恵心院」と改名されました。この恵心僧都は宇治十帖の中で浮舟を助けた「横川の僧都」のモデルと言われています。 藤原氏、豊臣秀吉、徳川家と時の権力者に庇護されてきた恵心院ではありますが、中世以降戦火に巻き込まれたこともあり、境内も縮小され、今では本堂と楼門を残すのみとなっています。 約1000年前、ここを訪れた人々の心を癒したのは恵心僧都の説法でした。現在ではご住職自らが植えられた四季折々の草花や花木が、訪れる人の心を癒しています。

源氏ロマンweb Guide より転載
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/uji-web/eshinin.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
京都恵心院のホタルブクロ
恵心院は、連休に初めて行って、すっかりファンになりました。 紫陽花の時期には行こうと決めていました。 紫陽花も一味違いますが、もっと驚いたのは 敷地内に咲き乱れるホタルブクロ これだけ密集しているホタルブクロはあまり記憶にありません ...続きを見る
メール白書(しろう)
2006/06/14 21:48
梅雨を100倍楽しむ花巡りの旅 京都〜大阪編  その1
鬱陶しいと思われた梅雨もこの時期を旬とする花を求めてるうち いつしかとても瑞々しい季節に感じられる様になりました。 降ってなおよし ハス 紫陽花 そして花菖蒲 ...続きを見る
メール白書(しろう)
2007/06/02 23:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
季節の花が楽しめる宇治、恵心院 チュー太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる